抗酸化物質の簡単な解説

1. 抗酸化物質について
体が酸化してしまうことで様々な病気や老化の原因となるという話はみなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか酸化とは簡単に言えば錆びることです金属と同じ様に私たちの細胞も錆びついてボロボロになってしまうと想像すると怖いですよねしかしそれに対抗する手段はありますそれが抗酸化物質と呼ばれる物です今回は抗酸化物質とはどういう物なのかどの様に取り入れたら良いのかなどについてまとめていきたいと思います1.抗酸化物質とは私たちの体は無数の細胞から成り立っています細胞が健康に保たれていれば体も皮膚も健康に保たれますところがストレスや紫外線食品添加物たばこなどが生み出す活性酸素は細胞を酸化しDNAを傷つけたり皮膚のコラーゲンを変性させたりしますこの様な作用によって動脈硬化やがんなどの病気しみやしわなど肌の老化を引き起こします活性酸素による酸化作用を打ち消したり減弱する作用を抗酸化作用と呼び抗酸化作用のある物質を抗酸化物質と呼びます抗酸化物質を取り入れるにはそれを含んだ食品を日常的に食べる必要があります2.抗酸化物質を含む食品自然界において植物野菜や果物紫外線による活性酸素に対抗すべく抗酸化物質を含むものが多いことが分かります抗酸化物質を多く含む食品として代表的なものは野菜果物大豆ごま赤ワインなどです具体的にどんな抗酸化物質がどんな食品に含まれているのか次に紹介していきたいと思います3.抗酸化物質の種類抗酸化物質と一言で言ってもたくさんの種類がありますよく耳にするものを以下に挙げてみましたビタミン類ビタミンビタミンEビタミンなどポリフェノールアントシアニンカテキンセサミンイソフラボンなどカロテノイドβカロテンリコピンアスタキサンチンなどビタミン多く含む食品ピーマンゴーヤブロッコリーアセロラキウイフルーツなど抗酸化作用の風邪予防コラーゲンの生成に必要なビタミンなので美肌効果も期待できますビタミンEを多く含む食品落花生モロヘイヤカボチャアボカドなど抗酸化作用の血流改善作用もあります冷え性で困りの方にもおすすめですビタミンβカロテンを参照してくださいアントシアニンブルーベリー赤ワイン黒豆など目の健康維持やアンチエイジングなどに効果があると言われていますカテキンお茶殺菌がん予防脂肪の吸収抑制作用などがあると言われていますセサミンごま老化防止コレステロール値を下げるなどの効果があると言われていますイソフラボン大豆女性ホルモンエストロゲン似た構造を持っているので女性の更年期障害や骨粗鬆症予防肌のアンチエイジング効果があると言われていますβカロテンにんじんモロヘイヤほうれんそうβカロテンは体内でビタミン変わりますなど皮膚や粘膜の健康維持視力を正常に保つがん予防効果があると言われていますリコピントマトすいかなど美肌メラニン生成抑制による美白がん生活習慣病予防などの効果があると言われていますアスタキサンチン桜エビなど生活習慣病予防眼精疲労回復美肌効果などの効果があると言われています赤や黒っぽいものなど色の濃い食品は抗酸化作用が強い傾向がある様ですね4.まとめ紫外線やストレスなど私たちの体は日常的に活性酸素にさらされています元々体の中には活性酸素を打ち消す働きはあるのですがその働きには限度があるため抗酸化物質を食品から取り入れなければなりません抗酸化作用のある食品と言っても多くの種類があり含まれる抗酸化物質効果もまた様々ですどれか一つの食品をたくさん食べればよいのではなくたくさんの種類の食品をバランス良く摂取することが重要となりますそれが結構難しいことなのですが今回紹介した食品を参考に食事に取り入れて頂けたらなと思います

“抗酸化物質の簡単な解説” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です