メッシはホルモンが原因で疲れやすい?食べ物で改善は可能?

メッシはホルモンが原因で疲れやすい?食べ物で改善は可能?

スペインのサッカーチームFCバルセロナに所属し、アルゼンチンの代表選手でもあるリオネル・メッシ選手。熱心なサッカーファンでなくとも、その名前くらいは耳にした事がありますよね。

メッシ選手は幼い頃、成長ホルモンの分泌量が少ない為に起こる「成長ホルモン分泌不全性低身長症」という病気でした。この病気は人間の健全な発育には決して欠かす事の出来ない、成長ホルモンが生まれつき上手く分泌されないことが原因で起こります。

きちんと治療をしなければ、大人になっても身長が150cm前後までしか伸びないなど身体の発育にも大きな影響が出てしまう病気です。

 

この病気の治療の為メッシ選手は毎月成長ホルモンを補う高額な注射をしなければならず、決して裕福とは言えなかった彼のご両親は大変だったそうです。

 

しかしメッシュ選手は13歳の時にFCバルセロナの入団試験にみごと合格しました。入団後はFCバルセロナが、ホルモン治療にかかる治療費を全て負担したことで、彼はこの病気の治療を継続する事ができたそうです。

 

現在でもメッシ選手の身長は169cmとスポーツ選手の中では決して大きい方ではありませんが、世界でも有名なサッカー選手として活躍されています。FCバルセロナの入団試験で、病を抱える幼いメッシ選手の才能を見抜いた試験官の目は確かだったんですね。

そんなメッシ選手は常に最高のパフォーマンスを行えるように、現在は食生活の改善にも努めています。

実はメッシ選手は試合前やハーフタイムに何度も嘔吐したり、筋肉が痙攣するなどの深刻な症状に悩んでいたそうです。

そんな深刻な状況を打破する為、メッシ選手はイタリア人のスポーツ栄養士の指示に従って食べ物の制限を取り入れ、添加物の使われていない自然食品を選び、旬の食材を積極的に食べる様にするなどの食生活を変える事で体質の改善を試みたそうです。

メッシ選手は当初、悲鳴を上げるほどこの治療に適応する事に苦しんでいたそうですが、現在はうまく適応し治療も最終段階に入っているそうです。

実際に試合でプレーしているメッシ選手は、そんな深刻な状況だったとは信じられない位の活躍でファンを魅了しています。

この事からも食べ物が私たちの健康的な体を作る上で、本当に重要な働きをしている事が分かります。

私達は毎日当たり前のように食事をしていますが、その栄養バランスについて真剣に考える機会は中々ありませんよね。

忙しいとつい朝ご飯を抜いてしまったり、コンビニでラーメンやお弁当を買って済ませたり・・・。真剣に考えて毎回の食事のバランスをとるのは難しいですよね。

でも体に良い食べ物を意識してメニューに取り入れるようにするだけで、体はより良く変化していきます。正しい食生活は自律神経を整え、老化や病気の原因とも言われている体を酸化させる活性酸素の働きを抑制し、ホルモンの分泌を整えてくれたりします。

栄養バランスの取れた食生活は本当にいい事だらけです。でもいざ見直そうと思ってみても、毎日の生活の中で直ぐに規則正しく栄養バランスの取れた食生活に替えるのは難しい場合もありますよね。

そんな時はサプリを取り入れるのもおすすめです。サプリは一日に1~2回程度、手軽に取り入れるだけで不足している栄養素を補う手助けをしてくれます。

日本ではまだサプリを飲むのは一般的ではありませんが、アメリカではホルモンマネジメントサプリが当たり前に飲まれていて、国民の半数以上がサプリを飲む事が当たり前になっています。

またメッシ選手をはじめ有名なスポーツ選手や、海外セレブ達が常に最新の情報をキャッチし、サプリやスーパーフードなどを取り入れているのは日本でも取り上げられていますよね。

もちろんサプリを取り入れただけでは全てを改善する事は難しいですが、まずは第一歩として活用してみるのもおすすめです。体に必要で不足しがちな栄養素を上手く摂取する事が出来ますよ。

是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です